後日談が全く関係なくてワロタ 

751 名前: 恋人は名無しさん [age] 投稿日: 2007/01/13(土) 16:03:16 ID:MWK+ePH60
パニックさんが来るまでひとつ修羅場を…

学生時代、私の友人Rはサークルの後輩のK子とつき合っていた。
卒業したら結婚しよう…というような約束をしていたくらいハタから見てもラブラブだった。
女性の私たちから見るとK子はブリッコタイプだったので、評判は良くなかったが、Rはぞっこんだった。

つき合って2年くらいしたとき、Rが短期留学することになった。
3ヶ月経ってRが日本に戻ってきてK子の部屋に行くと、K子は同じサークルの1年生のYとベッドにいた。
呆然とするRにK子は「Yとつき合っているから別れてほしい」とのたまった。
Rは怒り狂い、Yを殴って帰った。
しかしRはそれでもK子が好きだったらしく毎日K子に「別れは認めない」と言い、K子は「つき合う気はない」とつっぱねた。
とうとうキレたRは「殺す」と脅しはじめた。
恐怖を感じたK子は私に助けを求めてきた。
私は事情を聞いて、どんなことをしてもRの人生をこんなくだらない女に狂わされてはいけないと、必死にRと毎日話をした。
2ヶ月に及んでぐだぐだしたが、最終的にはそれぞれの親、担当教授まで引っ張り出して、R、K子、Yの3人が金輪際接触しないことで一応は落ち着いた。
Rは自力で立ち直り、現在は新しい恋をし、仕事でも第一線でがんばっている。
K子とYについては、もう会わないという約束を平気でやぶり、大学の近くでしょっちゅうデートし、私のバイト先の喫茶店にも来ていた。
不幸になって欲しいと心から願う。


後日談。

一年休学したわたしはK子と同じ年に卒業した。
卒業式当日、袴をレンタルした私は、会場の控え室で着物屋さんに着付けしてもらっていた。
レンタルした子は一斉にそこで着付けするのだが、ふと気付くと、すぐ隣で着付けしてもらっているのがK子だった。
うまいこと、K子に背を向ける態勢を取り、せっかくの晴れの日にクズ女と目が合わないようにしたのに、帯を巻くときに、着付けのおばちゃんが、
「はーい、くるっとまわってぇー」
「え?あ、はい。」
「はいはい、ちゃんとぐるっと!」
「…」
と無理矢理振り向いた私の目に、K子のブリッコ上目使いが…(゜口゜)

おしまい。


(;゚д゚) !!!
短期留学くらい…行かせてやれよ。
勉強のために留学すんのに、「ほっといて行くのが悪い」って…
「留学と私どっちが大事なの?」みたいでイタイよ。
もちろんわたしはRの友達だから、R側に寄り過ぎてるって思われてもかまわんよ。普通そうでしょ。
K子からなかなか離れなかったRもどうかとは思ったけど、もしその立場になったらって考えたら、見境つかなくなったのも責めきれないなあ。
ま、私が人生ではじめて関わった修羅場なので、レスしてみました。



 ↓ ポチっとお願いします 

出典 ◇修羅場◇part39(カップル板)
市田ひろみの京都きもの着付け紀行 [DVD]市田ひろみの京都きもの着付け紀行 [DVD]
(2004/04/20)
市田ひろみ

商品詳細を見る
関連記事
[ 2009/12/09 09:36 ] 寝取られ話 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ntrtiger.blog67.fc2.com/tb.php/423-e8195e2f










出会い系