俺は死んだほうがいいかとおもう。 

112 名前: 112 投稿日: 02/01/08 01:58 ID:a1FUNxAk
バイト先の金を横領したのがばれて
店長と彼女をやらせなければいけなくなった。
横領と言っても、レジでちょろまかすぐらいのことで、
合計で1万5000円ぐらいだが、就職も決まっていて、
内定取り消しという事態だけは避けたいし、
家族にも言うとか脅されたので、仕方がなかった。


店長は、30代後半の妻子もちで、デブだ。
俺が女なら、こんなやつとはやりたくないと思う。
彼女が俺の部屋に来た時に、電話で店長を呼び出して、
そのまま俺の部屋でやるということになった。
俺の部屋は、普通のアパートなので、
彼女が騒いだら、近所に不審に思われると不安になったが
逆らえないので、しぶしぶ承諾した。


彼女とは3年の長い付き合いで、
ほとんど愛情みたいのはなかったけど、
愛着はあるし、大切な人ではあるので、
実行の日は、彼女の顔をまともに見れなかった。
店長のシフトがなく、かつ、やつの家族にも不審に思われず、
俺の部屋は大通りに面しているので、昼なら
騒音にまぎれて大丈夫だろうということで、
まっぴるまの1時に店長を呼び出すことになった。
実行の日、学校から、一緒に昼飯を食いに部屋に帰ってきて
そのまま授業をさぼろうといい、うちに彼女を引き止めた。


俺はコンビに行ってくると言って部屋をでて
アパートの外で店長に電話をすると
やつはすぐ近くですでに待機していたらしく、
5分しないうちにやってきた。
俺の心臓はなぜかばくばくと音を立てて張り裂けそうだった。
店長をつれて自分に部屋に戻ると
完全にくつろいでいた彼女は相当ビックリしていたが、
これから何をされる知らないため
「こんにちは」とか言っている。


店長も相当落ち着かない様子で
きょろきょろして明らかに挙動不審な様子だったが
意を決したのか、俺に
「じゃあ」とかいって、彼女のほうにずかずか歩いていき
両手で彼女の方をもち押し倒した。
この辺りは、俺も相当動揺していたので、詳しくは覚えてないが
「きゃぁ!」と悲鳴を上げた彼女は、必死で
店長の巨体を持ち上げようとしていた。
店長に「おい」と言われた俺は、彼女を押さえ付けるのを
いつの間にか手伝っていた。


抜いたら落ち着いた。
(続き)
俺は彼女の両腕を持っていた。
すぐ目の前で、デブの店長が彼女のトレーナーを
まくしあげて、ブラをずらして乳首を舐めたり
無理矢理彼女の口に舌をねじ込んでいた。
よく、彼氏の目の前でレイプされる女は
悲しそうな目付きで彼氏のことを眺めているとか言うけど、
俺の彼女は、ずっと目をつぶって、とにかくすきがあれば逃げ出そうと
いつまでも抵抗をやめなかった。
気がつくと、店長は下半身だけ裸で、
彼女は俺が押さえ付けているトレーナー以外は全部ぬがされていた。


巨体にのしかかられて、相当苦しそうにうめき声を上げ
ときどき、押し殺したようなあえぎ声か
泣き声かわからないような声がもれた。
とにかく、すごい長い時間愛撫されていた。
30分か40分かもっとだったかもしれないけど、
最後のほうは、完全に観念したらしく
というか、感じ出したのか、
眉をしかめて、顔をそむけたまま動かなかった。

デブのだ液で全身がてかてかになっている彼女。
愛液でぐちょぐちょになったデブの口のまわり。
それらをみていて、なぜか俺のは
ギンギンで、痛いぐらいだった。


俺が、「そろそろやめてください」というと、
店長は、「わかった」と言って、彼女に挿入した。
挿入した瞬間、彼女の口から
「あっ!いっいっ」とかなんとか、あきらなあえぎ声がもれた
正常位で店長が腰をふると、もうあきらかに
いつも俺とやっている時のように、
上半身をのけぞらして、あえぎ声を上げた。

ほんとはもっとすごかったけど、
文才がないので、あまりうまく書けないが、
とにかく、すごかった。人のセックスを見るのも初めてだったし。

コンドームはちゃんとつけるという約束だったので、
店長はコンドームの中で射精すると、
風呂場で、下半身だけ流して「ごめんね」と彼女にいって
帰っていった。


俺は泣きながら服をきようとする彼女に
土下座して、俺も泣きながら謝った。
最初は、これが終わったらそのまま別れてしまえばいい
と思っていたけど、
すごく彼女が愛おしく思えてきて、
事情を全部はなして、土下座して謝った。


支離滅裂になりながらも、
どうしようもなかったとか、愛してるとか
とにかく色んな言い訳をした。
しばらく軽蔑の目で見られていたが、
最後は「分かった」と一言だけいって彼女も帰っていった。

それから、電話しても、出ない時もあれば
出ても「うん、うん」という相づちを打つだけで
まともな会話はない。後悔でいっぱいで、
死にたいとすら思う。バイトも当然やめたし、
就職するのもやめようかと思う。
愛する人を最低の方法で傷つけてしまった
俺は死んだほうがいいかとおもう。
終わり




 ↓ ポチっとお願いします 



出典 自分の彼女が自分以外の人にさえたHな3発目(えっちねた板)
銀行秘書室・レイプ七日間研修 (フランス書院ハードXノベルズ)銀行秘書室・レイプ七日間研修 (フランス書院ハードXノベルズ)
(2006/12)
夢野 乱月

商品詳細を見る
関連記事
[ 2009/08/19 16:17 ] 寝取られ話 | TB(0) | CM(1)

そうですね、死んだほうがいいね
[ 2009/10/20 00:32 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ntrtiger.blog67.fc2.com/tb.php/307-ce6553bd










出会い系