スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

パート先のおばさん人妻を食い散らかす女癖の悪いイケメン 

833 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/:2014/09/05(金) 11:21:18.48 ID:qwvhwD4Y.net
一年前の話です
当時のパート先に20代半ばくらいのアルバイトの男がいた。
東南アジア系のハーフか?と思う程大きな目の可愛い顔つきで、本人もそれを自覚して振る舞うような節もあったけど、とにかく自分も含めたおばさん達のアイドル的な存在だった。
その男をA とします。
そのAと私が倉庫で作業をしていた時、
Aが突然「私さんを抱きたい」と言ってきた。
はあー?!何ぃ!!?とAを見るとニヤニヤ笑ってる。
その顔が変質者的な気持ち悪さで、あ、こいつ絶対変な奴だ!と思っい、理由をつけその場から去った。
それからAをできるだけ避けて仕事をしてたけど、隙あらば忍び寄ってきて「抱きたい、抱かせて」攻撃。
この件を誰かに相談したり、上司に報告しなかったのは、端から見たらどう考えても若くて可愛いいアイドルAが、こんなおばさんに言い寄るなん絶対に信じてもらえないだろうし、下手したら私の逆セクハラとか欲求不満からの大嘘八百も思われ兼ねない。
とにかくどう訴えても私の不利になる気がしたから。
でも結局、Aが気持ち悪くて耐えられず、私はパートを辞めました。



825の続き
パートを辞めてから2ヶ月程たったある日、パート先の同僚でもあり元々子供が幼稚園の頃のママ友のBさんとお茶をすることに。
因みにBさんはまだパートを続けていたので、みんなの近況やさりげなくAのその後なども聞いてみた。
そしたら何と「これは私さんだけに話すけど」と前置きの後
「実はA君と付き合ってる」と打ち明けられた。
付き合い始めたのは私が辞めた直後、きっかけは2人きりの時突然キスされて「抱きたい」と言われ、その日のうちにどーのこーの。
Aはやはりおかしな奴だった、と改めて思ったけど、不倫とはいえ幸せいっぱいみたいなBに何も言えず、気を付けてね、くらいしか言えずに別れた。
でも心の中では、Aの変質的な面を言うべきか、でもAだってBさんに対しては本気ってことも有り得るし、でもそもそもBにとっては不倫だし…と内心かなりもやもやしてた。
一週間後にBに呼び出されて行くと、自分達がいかにラブラブでAがいかにカッコいいかという話を延々とされ、今日もこれから夜までデートだから、私さんと一緒にいる事にしてくれとまで言われたので、私も思いきってAのせいでパートを辞めた事を打ち明けた。


839 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/:2014/09/05(金) 13:08:25.13 ID:7R8F4B6l.net
>>835
なんかBが逆切れする展開がくる予感


846 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/:2014/09/05(金) 15:58:47.88 ID:fvZBmiRG.net
>>839
827の続きだけど、まあその通りですよ。
場所は静かなカフェだったんだけど、そこでテーブルをダンッと叩かれて「気持ち悪い嘘ついてんじゃないよっ!」と怒鳴られ、嫉妬なわけ?とかそんな嘘ついてる自分の顔を鏡で見てきなよ!とか、もう散々。
見かねた店員がこっちに近付いて来るのを察すると、テーブルに千円を叩きつけ「気持ち悪っ!」と吐き捨てて店を出ていった。これが私の修羅場。
鈍い私は怒鳴られ中も「イカれてる同士お似合いだわ…」と思ってたけど、家に帰ったら段々腹が立ってきて、しかし辞めて結構経つし、Bと縁を切って全部忘れるくらいしかできることはないかと諦めた。
そしたら数日後、現場の上司から電話がかかってきた。
内容は、私が辞めた理由はAにしつこく迫った挙げ句フラれたから、今は腹いせに真逆の事を言いふらしてる、という噂話で持ちきりなんだけど、実際はどうなのか?実は逆じゃないのか?
というもの。


838の続きでラスト
「そうなんです!」と私はAに言われた事を全部話し、上司はそれを全面的に
信じてくれた。
理由はAはオーナーの友達の息子で、縁故で雇われたけど、金銭面や異性問題でかなり問題有りな男だった。
しかも24才でバツ1、尚且つ現在は20才の奧さんがいて、子供までいるという。
びっくりして「じゃあW不倫じゃないですかっ!」と思わず叫んでしまい、図らずしもBとの件も打ち明けることになった。
その後はきっとAB達にとっての修羅場だったと思う。
Bがうちに謝罪にきて、Aがクビになったと教えてくれた。
Aが辞めた後に一時広まった私とAの噂も上司が正しく説明してくれて、私の名誉も回復された。
BはAの嘘を真に受けてしまったという立ち位置で不倫の事は私と上司以外漏れてない。
謝罪の時Bは本気で泣いてたから、まあよしとした。
Aという男は間違った噂で盛り上がってる時も、Bと並ばせられ不倫を責められてる時も、ニヤニヤしてたけど、解雇を言い渡された翌日から無断欠勤、のち音沙汰なしになったそうだ。
おわりです。
書くのが遅くてすみませんでした。





「世界イケメンハンター」 窪咲子のGIRL'S TRAVEL (地球の歩き方BOOKS)
関連記事
[ 2014/12/07 20:45 ] 寝取られ話 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ntrtiger.blog67.fc2.com/tb.php/2760-481979b4










出会い系
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。