スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

彼女の元カレと仲良くなって彼女を精神的に潰した 

1 :名無しさん@おーぷん :2014/07/14(月)00:15:00 ID:dIZEcHFYr
超スッキリしたのでこのメシウマ気分をお前らにも提供したいwwwww


2 :名無しさん@おーぷん :2014/07/14(月)00:17:03 ID:ANYhlCxGR
彼女になにかされたのか


3 :名無しさん@おーぷん :2014/07/14(月)00:17:41 ID:9VbTEiD9M
彼女はゲス?


4 :名無しさん@おーぷん :2014/07/14(月)00:18:31 ID:RqdFHhsQA
俺と彼女が付き合い始めたのが2年前だったのね

付き合い始めに彼女が元カレと上手く縁を切れないみたいな事を言ってた
彼氏の方から振ったって聞いてたのになんかおかしい話だなと思ってたんだが・・・
自分で解決するとの事だからおれは関知しないでいた。

ところがある日、会社から出ると知らない男に話しかけられた
「○○さんですか?」と。

そいつは彼女の元カレだったんだ。


男「○○さんですか?」
俺「そうですけど・・・」

男「実は・・・・スミマセン・・・○○ちゃんの元カレです」

俺「ええっ」 (やべえ・・・・警察走るか?)

元カレ「びっくりしたと思います・・・でもちょっと話を聞いてくれませんか?」

俺「・・・・・いや、なんで?」

元カレ「知ってると思いますけど、俺、○○ちゃんと揉めてるんすよ」


俺「知ってるよ・・・でも二年も前の話だよね?」

元カレ「そうですけど・・・・許せないんですよアイツ」

俺「・・・・・・・・」 (粘着質か・・・)

元カレ「話さえ聞いてもらえれば帰ります、どうか!」

俺「・・・・この事は○○は知ってるん?」

元カレ「いえ・・・・言わない方がいいかと」

俺「・・・・・じゃあここで話してよ」
元カレ「人が多いとちょっと・・・スタバ行きません?」

俺「・・・・・・・・」

店に入るのは渋ったが、落ち着いてたし言葉遣いも丁寧だったから付いていくことにした。


スタバ店内―

俺「で・・・?話って?」

元カレ「実は・・・・俺と別れる前にあなたと付き合い始めたんですよ○○は・・・これって浮気ですよね」

俺「は!?」

元カレ「被ってたんですよ」

俺「・・・でも二年前じゃん?」(かかかか 被ってたの!?!?)

元カレ「まぁ・・・・そうすけど」

俺「うn・・・・・気持ちはわかるけどさ、もう昔の話だし」

俺「見たところすっごいイケメンだし、落ち着いてるし・・・すぐ可愛い彼女できると思うしさ」

俺「次・・・・さがそ?」

元カレ「・・・・・・・・・」


俺「俺が代わりに謝るからさ・・・・ごめんね」 (穏便に・・・穏便に・・・)

元カレ「・・・・じゃぁ・・・・○○さんは俺の立場になった時、そう思えますか?」

俺「・・・・へ?」

元カレ「今はそっち側ですけど・・・・・俺の立場になった時、そう思えますか?」

俺「・・・・・・・そりゃあこの先どうなるかわからないけれど・・・もしそうなったらスッキリ違う人探すよ」

俺「男だし、女がちょっとふざけた事しても笑って許してあげなくちゃ(ニコ」

元カレ「そうすか・・・・」


元カレ「アイツ・・・ここ半年前から俺に頻繁にメールしてくるんすよね。まだ彼女いないか?って、戻ろうかなって」


俺「は?」



俺「なななん・・・・なんだって!?」

元カレ「だから、最近○○ちゃんはあなたに隠れて俺にメールして来てるんですよ」

俺「はぁ? そんなん嘘・・・」

元カレ「見ます?」(iPhone差し出す

俺「・・・・・・・・」

俺「!?」

俺「こ・・・このメールアドレスは」


元カレ「○○のでしょww?」



俺「な・・・・・・な・・・・」


元カレ「ホラ・・・ここに戻りたいって書いてあるでしょ?」

俺「う・・・・・・・」


元カレ「元カノに振られた時はね俺浪人だったんですよ」

「国立大学目指してたんですけど・・・落ちちゃってww」

「まぁだから先に大学入学した○○ちゃんが大学4年のあなたに走っちゃったってわけです」




俺「なん・・・と」(そうだったのか・・・・あいつ彼氏と別れて悲しいとか出会いはじめ言ってたぞ・・




元カレ「俺、振られたショックで勉強に打ち込むしかなくて・・・二浪の末に医学部入ったんです。地方のですけどww」

俺「医学部!?」



元カレ「彼女、風の噂でそれを聞いたんだと思います、だから最近俺にメールを」




俺「・・・・・・・」(あのやろおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお



俺「で・・・・でもなんでそれを俺に?」 (アイツ・・俺が中小のリーマンだから・・・医者の卵に・・・

元カレ「別に俺、戻りたいんじゃないんですよ」

俺「えっ」


元カレ「好きじゃないんです、自分が一番弱ってる時に捨てて、医者になるってわかったら急に優しくなるん」

俺「・・・・・・まぁ、ひどいね」

元カレ「まぁでも考えましたよ。一旦OKして俺さん振って、こっち戻ってきた数日後にこっぴどく振るっていうのも面白いし」

「俺さんにも俺と同じ気分味あわせられますしね」

俺「・・・・・・」


元カレ「でも・・・確かめに来たんですよ」

俺「・・・・・・?」

元カレ「今話してわかりました。俺さん、○○ちゃんに彼氏が居ないものとして付き合ってたんだと」

元カレ「俺さんは何も悪くない」

俺「・・・・いや」



元カレ「俺さん、このまま○○ちゃんと付き合い続けるんですか?」


俺「・・・・・・・・」(どうしよう・・・・この話が本当なら・・・しかしこのメールアドレスは・・)

俺「・・・・○○と話し合ってみないと」

元カレ「それじゃ遅いですよ?」

俺「は?」

元カレ「俺がなんでこっち来たかわかります? 今日○○ちゃんに晩御飯誘われてるんですよ」

俺「えええええ」

俺「なんだとおおおおおお(怒」 ガタン

元カレ「怒っちゃ駄目ですよ。男なら笑って許してやらないと(ニコ」


俺「・・・・・グググ」(年下に馬鹿にされた・・

俺(しっかし○○の野郎・・・・・・許せねえ)

俺(俺と隠れて医学部生と会って・・・あわよくば俺から乗り換えるつもりだったのかよ)



元カレ「ね?俺の立場・・・中々嫌な気分でしょ?」



俺「・・・・・・・認めたくはないが」


元カレ「彼女にとって男なんてそんな程度ですよ。自分にとっていかに利益があるか、自慢できるか」

元カレ「携帯電話と一緒ッス MNPしちゃうんです 高性能な奴に」

俺「ググググググググググ」

元カレ「今から○○ちゃんに会ってもいいですか?」

俺「・・・・・・・・・・」 (糞腹立つ・・・もう彼女としてはどうでも良いが・・このままアイツだけ良い思いするのも)

元カレ「そこでちょっと提案があるんですよww」

俺「?」

元カレ「・・・・・一緒にアイツをボコボコにしません?」

俺「ボコボコ!?」

元カレ「もちろん暴力じゃないです。精神的に、恋愛的にね」

俺「・・・・・・・」(コイツこええな・・・だが

元カレ「どうします?」

俺「よし! あいつ潰して、俺らは可愛い彼女と付き合うかwww」

元カレ「友達紹介しますよwww」
俺「おおwwww」

とまぁこんな流れで俺と元カレは仲良くなり
俺達二人を甘く見ている彼女に復讐する事になった


元カレは作戦を何パターンか用意してたみたいだった。
俺の情報を聞き、一つの策を提案してきた。


①俺は今すぐ彼女に"すまん、今日残業だからよる電話出来ないわ"とメール

②元カレは予定通り彼女と食事
この好きに俺は彼女の自宅付近で身を潜めておく

③元カレが"宅飲み"したいと彼女の家に行くことをせがむ


④元カレと彼女が彼女宅でセクロスを始めたら、俺が何も知らないフリして突入



⑤修羅場



という流れだった。
④だけ気に食わなかったが、もうどうでも良い女だったし、元カレも服脱がすとこで突入してきてと言うものだから了承した。
今流行りのヤグるを彼女に体験させてやろうというものだ

もうこの時点でなんかワクワクしてたwww


19時を回ったので作戦スタート。
とりあえず俺はメールを送った

"ごめんね。今日新入社員がミスっちゃって・・・午前様になりそうだから今日は電話できないわ"



5分後にメールが帰って来る



彼女"お疲れ様~☆ わかった↓↓ 寂しいけど我慢するね という私も今日はバイト残業だよぉ ふえぇ~"




普段なら「可愛いなぁ俺の彼女はwww」とニヤニヤしたトコだが、いたって真顔だった。
裏で元カレと会う人間がよくもまあこんなメール送れるもんだなと。




元カレに見せたら

元カレ「ハハハww 彼女、俺さんにゾッコンですねこりゃwww」

と嫌味を吐かれる。
ムカつきながら予定通り彼女の家付近へ向かった。


彼女の家付近に到着した。
なんかあった方が面白いかなと、酒とかおつまみとか買って時間をつぶす。

そしてあとは・・・・彼女の部屋を駐車場で監視するだけ。

電気が消えるのが合図・・・その15分後に突撃という筋書きだ



俺(フフフwww なんかwww ワクワクしてきたぞ)


そして電気が消えた。
俺はタバコを一本吹かしてから、ゆっくりと彼女の部屋に向かった


俺は合鍵を持っている・・だから突然入ってもおかしくない。

俺はわざと大きな音で・・・・・・・・ガチャンと開錠!!

突入する!!!!




俺「あれー まだ帰ってなかったのかー」


と真っ暗な部屋に向かって叫ぶが――反応なし。






俺「頑張ってるんだなー よし晩御飯でも作って驚かせてやるかー」

と真っ暗な屁に向かって叫ぶ――反応なし。




今頃焦ってんだろうなーwww
とニヤニヤを堪え、部屋に入り・・・電気をつける



案の定・・・というか予定通り、まっぱの元カレと、彼女がいた


俺・・・二人を見つめ・・・無言で買い物袋を落とす
ガッシャァァ・・・・・

俺「・・・・・・○○」

元カレ「あっ・・・やべえ」

彼女「キャーーーーー」


彼女、急いで服で裸を隠す・・・・


俺「こ・・・・・これ・・・一体どういう事だよ!!!!!」


俺「誰だお前!?」

元カレ「いいいいいいや、違うです・・これは・・・・その」

俺「○○!! 誰だこいつは!!」


彼女「違うの!!違うの!!」

俺「何がだ!!」

俺「浮気してたんかお前!!」

彼女「ふぇええ(泣」

泣きだした


元カレ「と・・・とりあえず服着ていいすか」

俺「駄目だ!! 無かったことにされたら困る。裸のままで正座だ」



元カレ「そんな・・・・」

俺「お前もだ○○!」



二人は裸の状態で正座する。
ここまでは元カレの手筈通り


俺「○○・・・コイツ誰だ?」

彼女「・・・・・元カレ」

俺「こいつがその元カレか・・・」

俺「まさか浮気してやがったとは・・・」


元カレ「スミマセン・・・・」

俺「スミマセンじゃすまねえよ」


俺氏、iPhoneで写真カシャリ。
勿論元カレはフレームアウトさせて元カレの残念な顔ドアップをGET。


彼女「な・・・・なにを」

俺「証拠だ・・・当然だろ」

彼女「・・・・・・・(泣」


彼女「最低だよね私って・・・・うん・・・いいよ・・・」


彼女「悲しいけれど・・・・俺君に嫌われても仕方ないね」


彼女「いいよ私を振ってくれて・・・・グスン」


俺「俺が振ったら・・・お前コイツ付き合うんだろ?」

彼女「・・・・・・・・」

俺「だから簡単には別れないよ、お前らが縁切ってからだ・・」


彼女「!?」

俺「とことん追い詰めてやるよ」

彼女「・・・・」



元カレ「スミマセン・・・もう二度と会いません」

彼女「!?」



俺「当たり前だろ」

彼女「・・・・サイテー」

俺「は?」



彼女「俺君には関係ないじゃん!私の事嫌いならさっさと出っててよ!!!」

俺「・・・逆切れか?」


彼女「なんでもいいよ!!! 私は今、元カレが好きなの!!」

俺「・・・・」

彼女「だからもう俺君には関係ない!!!! さよなら!!」

俺「・・・・そんな理屈が通用するとでも」

彼女「ハイハイサヨナラww 私は元カレと付き合うからwww」

彼女「カレ・・・・・・・医者の卵なのよwwwww」



彼女が不敵に笑う。
してやったりって顔で俺を見つめてくる。

そろそろネタバラシだ。


元カレ「・・・・・やっぱりね」

彼女「・・・・・・?」

元カレ「お前が好きなのは俺じゃなくて医学部生だろ」

彼女「・・・・いや違う!」

元カレ「計画通りでしたね俺さんwww」

俺「おうwwwww」


元カレはすっと立ち上がる。
俺は元カレの服を投げてやる。
チャチャッと服を着ている元カレを彼女は茫然と見つめている。


彼女「ん・・・・・?どういう事」


元カレ「ハハハハハwww」

元カレ「騙されたなオメーwww 俺さんと仕組んでたんだよこれww」

俺「フフフwww」


彼女「えっ・・・・え?」

俺「なんという情けない姿wwww 女に見えんwww」

元カレ「ハハハハハwwwwww」

彼女「そ・・・・・・・・そんな」

俺「残念ながら・・・二人とももうお前の事など好きじゃないのよ」

元カレ「うんうん」

俺「でも俺らに隠れて散々適当やってたべ? だから最後に嫌な思いさせたろうと思ってねえww」



彼女「ガッ・・・・・・・」



元カレ「声も出ないみたいですよwwwww」


俺「今日は俺が夜メールを送った時から全て予定通りだったというわけ」

元カレ「浮気現場ヤグられて焦って、その後二人に騙されてたと知った気分はどうww?」

彼女「ガッ・・・・・ガググッ・・・・」

俺「何言ってるかわかんねーよwwww」

元カレ「写真もとっちゃったし・・・もう駄目じゃんこれwww 恥ずかしすぎるwww」

彼女「ググググク ングー」

俺「wwwwwwwww」

元カレ「あ、ちなみに明日俺さんと女の子2人とWデートするからww」

俺「え!?マジwww」

元カレ「年下の女の子ですよww」

俺「おおおおwww」


元カレ「俺らは清純な女性と付き合うからwww もう二度と俺らに近づかないでねwww」

俺「んだんだww 近づいたら写真バラスからwwww」

彼女「ウウウ・グッガ・・・アアアアア」

彼女「あsdfrdfれえええzsxdcfhjkjhgtfりゅいおp!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

俺「wwwwwwww」


元カレ「じゃぁ帰りましょう俺さんwwww」

俺「うん」


俺「あ、○○・・・・その買ってきた酒やるよ。飲めよ一人でwwwwwwww」

元カレ「俺さん中々ひどいっすねwwwwwwwwwwwwwwwwww」

俺「wwwwwwwwwww」

元カレ「でも俺さんのおかげでスッキリしましたww」

元カレが右手を上上げる

俺「俺もwww サンキューガッツwww」

そういうとパシンと元カレの手を叩いた。



そんなこんなで復讐も終わり、俺らは帰った。
途中、飲み屋によって成功を祝ったが、やっぱりちょっと罪悪感もあった。
でも最初に適当ぶっこいたのは彼女なわけだから自業自得

これで彼女がかわってくれればいいのだが



126 :名無しさん@おーぷん :2014/07/14(月)01:09:50 ID:UKNDSoAS9
女は、精神的に潰れていないような気がする・・・。


127 :名無しさん@おーぷん :2014/07/14(月)01:10:26 ID:ya2lrDeNs
> 元カレ「でも俺さんのおかげでスッキリしましたww」


事後確定


128 :名無しさん@おーぷん :2014/07/14(月)01:12:01 ID:ANYhlCxGR
>>126
これ
どうせすぐにこのこと忘れて他の馬鹿な男が餌食になる






餌食 [DVD]

関連記事
[ 2014/07/23 19:40 ] 寝取られ話 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ntrtiger.blog67.fc2.com/tb.php/2601-5630a123










出会い系
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。