スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

初体験相手の女教師が従兄弟の嫁になった 

598 :薄い茂みを擦っている… :2005/05/01(日) 21:08:13 ID:NjC9C+M00
15年位前、中学の修学旅行は伊豆だった。
二日目の宿泊は高原のリゾートホテルっぽいところの離れ(団体用か?)で
平屋だったが一段高くなってバルコニー(テラス?)があった。
男子と女子の部屋の間に教師の部屋二つを挟んで
それぞれ男女の生活指導の体育教師が入っていた。
夕方俺たちは女子に、夜中に忍んでいくと約束してたので、1時くらいに起きだし
バルコニーを降りて(といっても1m弱)身をかがめて進んだ。
男性教師の部屋の前で様子をうかがうと、真っ暗で既に寝ているようだった。
女性教師(独身、当時35歳くらい)の部屋は少しだけレースのカーテンになっていて
電気は消えてるようだったが、テレビの画面の明かりがチラチラしていた。



最初テレビをつけっぱなしでねてるのか?と思ったが、
テレビに照らされて先生の「生足」が微妙に動いてる!
しかも画面は有料放送のようだった。
俺と連れのNとSは息を呑んだまま固まってしまった。
そこからはどうしても先生の膝くらいしか見えなかったので、
とうとう俺は決死の覚悟でバルコニーにのぼり窓際に近づいて中を覗き込んだ。

先生はとくに美人と言うわけではないが、
さすがに体育教師だけあって引き締まったバランスの良い体型をしてるし
胸(片方だけ見えた)もそこそこあった。
その先生が、下半身を剥き出しにして脚を90度の開き、
右手にビールとタバコを持ちながら、エロビデを観て
左手でかなりの高速で以外に薄い茂みを擦っている・・・。

今思うと凄まじい光景だが、そのときは茂み以外は気にならなかった。

俺はすぐに元の場所に戻って「慰めとるゾ!」と報告したら、
今度はNとSが覗きに行った。
Nはすぐに戻ってきたが、Sは覗き込んだままジャージに手を突っ込んでシゴキ始めた。
俺たちも前が突っ張って痛いくらいだったが、さすがにヤバイと思ったら
急にSが逃げ出したので慌てて俺たちもダッシュして部屋に戻った。
訳を聴いたら、「途中で目があって、指をさされた」と言う、俺たちは青くなった・・・。

修学旅行の帰り学校に帰って解散後、早速Sに呼び出しがあった
俺たちはばれてないのをいい事にSを見捨てて帰ったが、
次に日(学校は休みだった)Sから電話があって俺とNのこともバラしたと云い
先生がまづ俺に呼び出しをかけたようだった、その時点でNと一緒じゃないのを
不審に思った俺は昨日の事をSに聞いたがS「言われへん」と話してくれない。


とりあえず、俺は学校にいった。
学校は創立記念日で(修学旅行は毎年創立記念日の前、これで何処の中学かわかる?)
学校には誰もいなかった。
職員室に行くと先生はいつものジャージ姿でなく
珍しくスカートなんかはいて化粧もしてた、
なぜか生活指導室でなく、女子バレー部の部室で待つように云われた。

先に行くように云われ、初めて女子バレー部の部室に入ったが、
なんともいえないむせ返るような空気に頭がボーッとなった
目の前に同じクラスのKのロッカーがあったので思わず開けて
中を見た、いくつか小さな袋があったが、一つは下着の着替えだった
他のをあけるとタンポンが入っていた
ドキドキしながら一つ取り出そうとしてたら、いきなり先生が入ってきた。


先生は「ニヤッ」として、
「しょうがないねR君(俺のこと)、頭の中ソノことでいっぱいと違うの?」
といった。俺はあわててその袋をロッカーに突っ込んで黙っていた・・・。
「あなた、最初に見たでしょ、私気付いてたんよ、そのまま帰ったら良かったのに
S君とN君もつれてきて、S君がしょうもないことするからこうなってんよ、反省してる?」
「・・・・・。」

俺の前に一枚の紙を出したので見ると、それはSの”反省文”だった。
何度も書き直した(書き直された)後があったが、内容は概ね
『私は、修学旅行で先生の部屋を覗き、先生の裸(!?)を見ながら自慰行為をしました』
というものだった。
「あなたもマスターベーションしたの?」と先生が唐突に聞いたので
おれは「いっ、いいえ・・」と慌てて否定した。(本当はおかずにした)


先生はなぜか残念そうに「そうなの?」といい
「あなたの年頃はマスターベーション(この言葉が妙にいやらしい)
するのは当たり前、それは先生位になってもあることなの。
逆にしないで今みたいに女子のロッカー開けたり、覗きしたりするのはだめ
下手したら捕まってしまう。」
「我慢せずにしなさい。」といって黙った。

俺はうつむいていたが、妙な沈黙にふと顔を上げると先生がジッと俺をみている、
「・・・・え?」
「だから、我慢せずに”し・な・さ・い”」
「えぇ!」俺は息が止まりそうだった。
「R君私の観たんでしょ?だから私にも見る権利がある。そうでしょう?」
「いや、でも・・・」
「早くしなさい、いうこと聞かんと、T先生(指導主任、むちゃ恐い)云うよ!」


俺は何とかこの場をしのごうと、とりあえずズボンだけ下ろして
パンツの上からチンコを摩ったが、俺のチンコはこの状況がHなことを
充分認識してすでにパンパンになっていた。

「そんなんで、許してもらえると思てんの!」
先生は俺の前に仁王立ちになって肩をぎゅうっと掴んだ。

俺は観念してパンツを脱いだ・・・。

今思い出すとプッと噴出しそうだが、
俺のチンコは今まで経験したことが無いくらい充血し
パンツを脱ぐ時下へ押さえつけられた反動で
思いっきり跳ね返ってヘソの下に「ビタッ!」という音とともに登場した。
先生は「ホホホ」と笑い声とも悲鳴とも取れる奇声をあげ
「あなた本当に14歳?」といって目を光らせた。


「カチッ」先生はドアに鍵を掛けると、
俺をボールカゴにもたれかけさせてその前にしゃがみこみ
僅か30センチの距離に顔を近づけて「さぁ」と言った。
既に俺の頭は善悪や羞恥の思考が停止して
それでもすごく冷静な部分があったのでゆっくりと手を上下した。
充血しすぎたせいか、不思議と俺のチンコの感覚は鈍かった。

先生は眼をカッと見開いて今にもチンコを噛み千切りそうなかんじで
観ている、血管も充血して目が真っ赤だった。
その顔は興醒めだったので、俺は目を閉じて集中しようとした。
あいかわらずチンコの感覚は鈍く、なかなか乗ってこない、
そのうち先生の息が荒くなってるのに気づき目を開けた。
すると先生もスカートの奥に手を突っ込んでいる。
どういう訳かそのとき俺は「勝った」と想った。


「先生」
「ん?」
「あの、ボールケースお尻痛いからあっちのイスに替わってもいいですか?」
「へ?あぁかまへんよ、私もこの体制ツライし」(何云ってんだコイツ?)
俺は壁際に折りたたみのイスを置いて座った、
先生は反対側のロッカーに背中をつけてあの時と同じように脚を90度に広げた
スカートをまくると既にパンツは無かった、(もしかしてノーパン?)

先生の薄めのヘアーは既に濡れて肌にピタッとくっついていた。
ヘアーの下は薄くて左っかわが少し黒ずんだ唇が縦に延びていた。
先生は左手の掌と指を直角に曲げて中指をこころもち窪ませて
高速で動かしながら「何してるの早く!」と催促した。
俺はそれを見せつけられてさすがにスイッチが入って右手でピストンを始めた。


先生の脚の付け根からはあきらに「くちゅくちゅ」という音が聞こえた。
俺も段々と気が入ってきて先生が胸をだして揉みだした瞬間
「射精」した。
雫が先生の足首にかかった。

先生は「まだ」だったのか、不機嫌そうに
「イクときはちゃんと云いなさい」(無理いうな!)といった。
俺のチンコはまだ半立ち状態だったがそれを見て先生は

「まだいけそうやない、がんばってよ」
「そんな、すぐは無理です」
「なに云うてるの、猿並の癖に。しょっと借しなさい」
といって俺のチンコを触ってきた、もうなにがなんだかわからない。
先生は俺のチンコをしごきながら自分のも擦っている。
俺のも既に回復してさっき以上にかたくなっていた、すると


「R君当然初めてやねんろ?」
「え、何が?」
先生はそれには答えずいきなり上に乗ってきた。
俺の童貞は一瞬にして奪われてしまった。
ものすごく中は熱かったことだけは覚えている。
でも先生の動きが激しくてなんかヌルヌルしてるだけで、気持ちよくはなかった。
後ろの壁に何回も頭を打って痛かったし、肩も擦りむいた。
先生はしばらくして、絶対にクラブハウス中に聞こえてるだろうと思える声で
「くぅ、はぁぁぁ~」と叫んでぐったりなった。俺はイカなかった。

しばらくして正気に戻った先生は俺がイッてってない事に気づき
すぐ口でしてくれた、俺はあまりの気持ちよさにすぐ口の中で射精した。
先生は俺のほうを一瞬睨んだが、飲み込んでしまった。
俺はそれを見て引いてしまった。

終わってから先生は
「R君は反省文要らないから、しゃべったらあかんよ。わかった?」
「先生、Sもおんなじことしたんですか?」
「昨日はいっぱい人いてるのに、そんなことしません、
S君は反省文書かせて、大声で読ませたってん」
「・・・・・。」
「あ、それからN君は来なくていいよ、
休み明けてから反省文出すように云うといて、絶対喋りなや」

この話にはさらに落ちがあります。
先生は俺たちの卒業と同時に転勤しましたが俺が高2のとき
なんと母の従兄弟と結婚しました。
披露宴で母が挨拶したとき無茶苦茶ビックリしてたそうです。
その後の事はなた別の話です・・・。


俺は大学の一回生になっていた、
夏休みに母の叔父さんが亡くなった(母の従兄弟=先生の夫、の父親)
結構田舎で、母の実家の近くだったので春休みに免許を取った俺が
運転手を兼ねて送っていくことになった。

田舎に着くとその家はお通夜の準備でバタバタしていた。
母は親戚の人たちと喋っている。
俺は邪魔にならないよう母の実家に一旦戻ろうとして
勝手口から出たとき不意に後ろから
「R君?」と声を掛けられた。
振り返るとそこに先生が立っていた、中学卒業以来だった。


「へぇ~、えらい男らしなって~、背だいぶ伸びたんちがう?」
俺は高校時代10㎝以上背が伸びていた、
それより先生は以前のジャージ姿とは違って垢抜けしたのか
髪型も変わってすごく若返ったようだった。
俺は以前のことを思い出してすぐに言葉がでづ
先生をキョトンと見つめていた

先生は俺が何を考えてるのか分かったらしく、
照れ笑いをしながら、「今忙しいからね、いつまでいてるの?」
俺はやっと「え?お袋の都合ですけど、俺今夏休みやから・・・」
「そう、私も旦那があんまり仕事休まれへんから・・・」
何となく二人とも相手の出方を探るようだった。
俺が行こうとすると先生は背中越しに、
「あそうそう、旦那の昔の写真見たけどR君よう似てるネ、
やっぱり身内やね~」といった。(どういう意味?)


その後お通夜、お葬式と先生と喋る機会はなく骨上げも終わって
集まっていた親戚も引き上げていった。
母の従兄弟の家は母親は以前になくなっていたし、
妹さんも姑さんが寝たきりなので帰り、先生夫婦も旦那の仕事の都合で帰った。
ところが能天気なうちの母は田舎の同級生に久しぶりに会って盛り上がり
近くの温泉に行ってそのまま家に帰るという。
俺だけがばあちゃん家にぽつんと残された。

ばあちゃんと俺だけになった母の実家は退屈で、
明日には帰ろうと考えながらぶらぶらと散歩していたら
母の従兄弟の家に人の気配がする。
「?」と思って近づいていくと先生が座布団の虫干しをしていた。
「!」俺がビックリして立ち止まると、先生が
「旦那が、初七日に坊さんに拝んでもらうのに残っとけって云われてん」と言った。
さらに「R君、お母さん温泉行って置いてけぼりなんやてね」とも言った。
(先生は俺のこと知っていた!)


俺は先生の姿を見たときから既に頭に血がのぼって心臓がバクバクしていた。
先生はそんな俺の様子を楽しむかのようにしながら、
「おばあちゃんがええって言うたら、晩ご飯食べにけえへん?」といった。
「は、はい聞いてみます」俺はそういうのが精一杯だった・・・。
帰ってから考えたがやっぱり夜、家に直接行くのはマズイと思って必死に言い訳を考えた。
それで、俺はその頃ルアーを始めていて幸いいつもロッドを積んでいたので
ばあちゃんにクルマで20分くらいの漁港に夜釣りに行くと言うことにした。

もう一度戻ってその話を先生にしたら
「そう、じゃおにぎりでも作っとく」といった。5時に待ち合わせた。
5時に迎えにいったとき、わざわざトランクからロッドを出してこれ見よがしに
釣りだということをアピールしてから俺たちは出発した。
漁港についてポイントを探しながら俺は「もう一つのポイント」も探した。
一応は釣っとかないと(いや本来それが目的のはずなのだが・・・)マズイので
何度かキャスティングしたがこんなときに限ってヒットする。


1時間ほどでカマス2匹、なぜかタチウオを引っ掛け結構盛り上がった、
俺はこの後の展開をどうするか考えていたが答えが出ないままキャストを続けた
そのとき「ガツン」と手応えがあり、ビックリしてみてみると
でかいシーバスがジャンプした、バス用のちゃちな俺のロッドはあっさりと折られてしまった。
つりは自動的に終了してしまった。
雲行きが怪しかったので俺たちは車に戻り、「もう一つのポイント」に移動して
先生の弁当を食べることにした。

先生の弁当はあまり美味しくなかった。
「先生もっと料理勉強せなあかんで」というと、
「うそぉ~、あんた旦那と一緒のこと言うね、顔だけちごてそんなとこまで似んといて」
と言いながら勝手にフロントガラス用のサンシェードを付け出した。
そして噴出しながら「それにしてもあんたのクルマ夜危ないで」と言った。
俺の中古のランサーはフルスモークで夜はほとんど外が見えなかった、(ということは外からも見えない)


「R君、このクルマに女の子乗せていっつも悪いことしてるンやろ」
「そんなんしてませんよ~」(実は一回だけした)
気がつくと先生の手が俺のカモフラパンツに伸びてきていた。
「私ね結婚するときに気ついてんけどR君みたいなのもろタイプやねん」
「せやから、今の旦那と結婚したんやと思うわ、まさか親戚とはわからなんだけど・・・」
喋りながらファスナーを降ろしてゆく。

俺はとりあえず前回同様しばらく先生に任せることにした。
ゆっくりと先生の手がズボンの中に入ってきた、
俺のチンコは既に臨戦態勢だったが、先生はパンツ越しにちょっと触ってすぐ手を引っ込めた、
「あんときも思ったけどあなたよけい逞しなったんとちがう?ここだけ旦那と似てないね」
と言ってこんどはパンツの中に手を入れてきた、
俺は既に我慢汁がでていたので先生はそれを指で伸ばすように円を描いた


俺のチンコはピクピクした。
先生はニコッとわらって俺のズボンとパンツを下ろし、今度は根元から
ゆっくりと手を上下させた。
「どうする?どうして欲しいの?言ってみ?」
俺が喋ろうとすると先生の唇が重なってきた。
考えてみれば先生とのキスはそれが初めてだった。

俺も先生との初体験の後、多少の修行はしたがやはり「大人」のキスはすごい
しかもその中にも青臭い貪るようなところもあって、俺の舌は吸い取られるではないかと思うぐらい
先生に弄ばれた。
キスが終わると先生の顔が段々と下に降りてゆく、
俺は中学のとき記憶が蘇りその気持ち良かったことを思い出して期待した、
でも先生はじらして中々咥えてくれない、
俺は我慢できなくなって思わず先生の頭を掴んで股間に押し当てた。


先生はちょっとビックリしたようだったが、素直に咥えてくれた。
小脳に電気がはしった、
だが長くは続かなかった、先生はすぐ顔をあげ、「今日はまだダメ」といって
助手席を倒して自分でスカートを上げた、ノーパンだった。(やっぱりあの時も・・・)
先生はM字に脚を挙げ「触って」といった。
俺はさっきの仕返しをしようと思って「先生、また見せてくださいよ」と言った。

先生は一瞬眉をひそめたが、すぐ眼をつぶり見慣れた(?)方法で
左手を高速で動かし始めた。
ものの一分もかからずに先生の身体がピクッとすると左手の動きが止まった。
「先生、結婚してからでもしてるの」先生ははにかんだように笑った。
先生の手が俺の手を掴み自分の茂みに導いた。
先生のに触れるのも初めてだった、縦に伸びた唇は先生の
筋肉質の引き締まった身体からは想像できないくらい柔らかで、
ビックリするくらい濡れていた。


唇を下から上になぞると、「小さな突起」に触った。
「ふひゅ~ン」先生の鼻が鳴った。
俺も先生の指使いを参考に小刻みに手を動かした。
徐々に先生の呼吸が深くなり最後に大きく深呼吸するのと同時に
先生は俺の抱きついてきてそのまま助手席に覆い被さるように倒れこんだ、
ちょうど俺のチンコは先生の唇のところに触れていた。

先生はまだ「あっち」にいったままのようだったが、俺ももう我慢の限界だったので
かまわず腰をまえに突き出した。
「はぁう」先生のうめき声が車内に響いた・・・。


私、1975年生まれ。先生1955年生まれ。
ちなみにこのときは既に教師を辞めてますが私は今でも「先生」と呼んでます。

中学のときは先生の「中」を愉しむ余裕は無かったが、
今回は多少状態が判断できた。少し先生は普通とは違うようだった。
相変わらず、すごく熱かった。
私の数少ない経験では入り口を過ぎると後は「ヌルン」と入ってしまうのだが、

先生の場合ずっと奥まで抵抗感がある、それに先だけでなく俺のチンコ全体を
包み込むような圧迫感もある。どう表現すれば解ってもらえるか・・・。
よく大道芸人が風船で犬なんかを作るときに細長い風船、
それを膨らますときの「ヌー」とした感じ(解る?)ではいって行く。
俺は多少時間を掛けて根元まで沈めた。
最後になにか弾力のあるものにあった行く手を阻まれた。


「あたってるぅ~」先生はヘッドレストカが折れるかと思うくらい首をのけぞらせた。
そのときの俺の乏しい知識ではそれが”子宮口”であるとは判らなかった。
俺は徐々に動きを速くしていった、それに合わせて先生の呼吸も速くなった。
途中で俺は中のキツさが時々変わることに気がついた、
それに何箇所も指先で押されてるような感じもした。
それがべらぼうに気持ちがイイ。
「先生なんかしてる?」と聞くと、先生は首を横に振った。

俺は気持ちよくて、すぐにでもイキそうだったが、
大事なことを思い出して、我に帰った。
「先生、ゴム!」
先生はまた首を横に振って、俺の尻っぺたを両方ともわしづかみにして、
ぐいっと自分の方に引き寄せた。
俺は先生の許可が出たので動かしにくかったが、がんばって腰を振った。


く~ちゅ、く~ちゅ、くうちゅ、くうちゅ、くちゅ、くちゅ、くちゅ、くちゅくちゅくちゅくちゅ、クチュクチュクチュクチュクチュ、グヂュー!

ふぁう、ふぁう、うふぅ、うふぅ、うふぅ、くふぅくふぅくふぅ、うっくうっくうっくうっくうっく、ぁう!「くぅはぁぁぁぁ~」

「うっ!!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

今まで(その後のことを入れても)のなかでイチバン気持ちのいい「射精」だった。

しばらく余韻に浸っていたが、しばらくして先生の様子を見ると、
汗だらけで髪がべったりと頬につき、少しだけ開いた瞼からは白目しか見えず
息遣いの荒い口元は舌を絡ませたときの唾液がべったりとついていた。
その様子がなんとも言えず「淫猥」でしぼみかけてた俺のチンコは先生の中で
再び大きくなり俺はかまわず二回戦を始めた。


先生の意識はどこを彷徨っていたのかわからないが、
小さく「ぅん、ぅん」と吐息が漏れるだけだった。
それでも先生の「中」はさっきと同じ変化をして俺を夢中にさせた。
さっきよりは少し長かったがそれでも俺は既に臨界点に達していて
無意識に「もう、もう・・・」と呟いていた。
そのとき突然先生は正気に戻ったのか、「私もー!」と叫んで
俺の首に思いっきりしがみついてきた。俺は意識が遠のいた
どうやら「落ちた」(柔道技の)らしい。

気がつくと、先生は身体をずらし先生の中から出てくる俺の体液をティッシュでぬぐっていた。
「大丈夫?力強すぎたかな?それよりこれ見て、いくら2回分でも多すぎって・・」
俺は照れてうつむいてしまった。
自分のが終わると先生は俺のも綺麗にしてくれた、俺のはそれでまた復活したが、
先生は「今日は、(今日は!?)これでお終い。私の身体がもたへんワ」といった。
それより、明日坊さんが参ってくれたら帰るんやけど、だんなに言うたら
R君に乗せて帰ってもらえって、一緒に帰えろネ」


先生の家は俺の家から高速で1時間くらい。
田舎から直接先生の家までは3時間くらい。
それを6時間掛けて帰った。
ばあさんには昨日のリベンジで釣りをして帰るといった。
(ロッドが折れたとは云ってない)

空白の三時間、俺たちは文字通り獣のようにお互いの身体を貪りあった。

夢の夏休みは終わった、それ以来先生と”身体の付き合い”は無い。

翌年、先生夫婦に女の子が生まれたと聞いたとき、俺は一瞬「ゾっと」したが
計算したらどう考えても俺の「胤」ではない。ホッとした。
後に聞くとやはり先生もあの後中田氏が気になったようで、その後しばらくは
いつも以上にご主人におねだりして懐妊したそうだ。(女は恐い・・・)
そのご主人も一昨年脳血栓で倒れて無くなり今は遺産でもらった田舎の家で
10歳の娘と暮らしている。


俺が中学のとき年齢差は誕生日の関係で俺14、先生35。
先生の娘は今3年生(と云うことは今年9歳か?上訂正)
先生ににてなにか目の奥に秘めた情熱を感じるのはわたしだけか・・・?
私はまもなく先生の紹介してくれたヒトと結婚するが
(これが又因縁のある面白い話がある)
後5~6年すれば、私35、娘15。
それを期待する俺は変態か?・・・・       完(別の話はまたいずれ)





今日クラスのボッチがDQNに立ち向かってた

コスプレナース・看護婦さんのお姉さんのエロ画像ください

巨乳女教師童貞狩り 香椎杏子 [DVD]
関連記事
[ 2012/07/11 22:39 ] 寝取られ話(PINK) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ntrtiger.blog67.fc2.com/tb.php/1576-228b474d










出会い系
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。