兄貴に少しでも操を立ててたのだろうか。 

寝取り

845 名前: 義姉1 ◆gHK4iyftFU 投稿日: 03/03/08 21:36 ID:D8F6gj3s
あのとき義姉は紫のボディコン風のスーツを着ていて、
梶原真弓を小柄にしたような彼女にはすごく似合っていた。
部屋に入るなりお互いの着衣をむしりとり、彼女を押し倒した。
ブラをはぎとると、形の良い白い乳房に濃い色の乳首がかたく
屹立していた。夢中でむしゃぶりつき、同時にパンティー
の中に手を、びちゃびちゃに濡れていた。
舌を這わせてクンニしようとしたが、「いやっ やめてっ」と
強く拒絶、兄貴に少しでも操を立ててたのだろうか。
「それよりも はやくちょうだい 欲しいの・・・」
生で欲しがるので一気に根元まで、同時に「ハァァッ・・」と
叫ぶ彼女・・・




熱い襞が吸い付くように俺のティムポを包みんだ。
いまだに忘れられん名器 
「ア〇〇、いいっ、いいの・・」
強く強くピストンした、だがすぐに限界が来てしまい、
姉貴の腹の上にぶちまけた。。。

「ごめんね・・姉さん」 謝る俺に姉貴は
「もうー、でもしょうがないね、固くて良かったよ」
と微笑んでくれた。
少し休むと、「一緒にオフロはいろっ」と言って
先にバスルームに向かっていった・・・


「ア〇〇、おいでよー」 姉貴はバスフォーム入りの
浴槽のなか、俺は姉貴の後ろに滑り込んだ。

兄貴に対してものすごく後ろめたい反面、姉貴の
魅力におぼれたい気持ちが凄かった

後ろから乳房を強めに揉みしだき、お互いの舌を吸い、
ティムポとマムコを愛撫しあった。
「したげよか・・」 姉貴は俺のティムをくわえ込んでくれた
凄く上手で、商売女顔負けのフェラ  瞬く間に口の中でイって
しまった・・・ そして姉貴は俺のザーメンを飲み下しでくれた。


凄く感動したが、同時にばつも悪く、「ビールでものもか?」
とベッドに戻った。
1時間ほど飲みながら他愛のない会話をしていると、また欲情
してきた 「姉さん、してくれない?」とお願いすると、
「ええーっ」とか言いながら嬉しそうに俺のティムを・・
今度は完璧にできた、前から騎上位、「後ろからが好き・・」
と言うので俺は突きまくった。
「はぁあっ  すごいア〇〇っ! いっちゃうっ」
そのまま中で俺は果て、姉貴も痙攣していた・・・





義姉と二人だけの時間 (浮気・不倫の体験談)

大塚ピンサロ10回転男が風俗行ったら人生変わった


Made In Hollywood―梶原真弓写真集Made In Hollywood―梶原真弓写真集
(2000/09)
平田 友二

商品詳細を見る
関連記事
[ 2011/11/08 18:56 ] 寝取られ話 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ntrtiger.blog67.fc2.com/tb.php/1117-c9079f8a










出会い系