スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

彼女が、男友達にヤラレたってことを告白してきた。  

508 名前: えっちな21禁さん [sage] 投稿日: 03/06/28 00:28 ID:MEBeSqIm
結構前の話だけど、彼女が、
男友達にヤラレたってことを告白してきた。
怪しい素振りは見せなかったし、(俺が鈍いだけか)
言わなきゃわかんなかったのに・・・。


[ 2013/08/14 16:50 ] 寝取られ話(PINK) | TB(0) | CM(0)

娘と母親の親子丼を堪能し、その家の旦那とはよく飲みに行く間柄 

寝取り話】

414 :名無しさん@ピンキー:2008/09/21(日) 02:38:23 ID:3Nhepamk0
実話を書きます。信じてくんなくってもいいよ。

今から20年ほど前の話です。
とある事情から仕事をやめた私は、兄の経営している塾を手伝っていました。
そして、なぜかはわかりませんが、そこに通っていた11歳の女の子の家庭教師をやる羽目になり、週に3回ほど彼女の家にお邪魔していました。

その子は特に美人ではなかったのですが、可愛げのある子で、私によく懐いていました。

彼女の父親はいわゆる「社長」で、お金には困っていなかったようで、彼女は自分の部屋を持っていました。
そこで最初は勉強を教えていたのですが、どうも彼女の様子がおかしかったのです。
勉強中も私のほうばかり気にしているし、分からない所を教えるときは必要以上に私にくっついてくるのです。


[ 2013/07/27 16:31 ] 寝取られ話(PINK) | TB(0) | CM(0)

日付を見るとおいらが出張行ってる間の出来事だった。 

彼女がよがってるの見て悔しいが勃起してしまった瞬間

再び目の前で寝取られた時、何が残り、何を失うのか、今でもおいらには解らない。
の続き

916 名前: 紙一重 [sage] 投稿日: 03/06/24 19:41 ID:9qpmFRze
みなさまどもですm(_ _)m
まぁココでネタだ!実話だ!と揉めてもとおもいますが
一応実話でつ・゚・(つД`)・゚・書いてて鬱だが書くことによって
なんかカウンセリング?っぽく癒されるな 2ちゃんで癒されるおいらは変態だな。

ご要望ですのでこのまま出来るとこまでなんとかコピペしまつ
よろしゅうm(_ _)m


[ 2013/06/15 21:24 ] 寝取られ話(PINK) | TB(0) | CM(0)

再び目の前で寝取られた時、何が残り、何を失うのか、今でもおいらには解らない。  

【長編】
彼女がよがってるの見て悔しいが勃起してしまった瞬間と同じ体験者

836 名前: 紙一重 [sage] 投稿日: 03/06/24 16:20 ID:R2WFAjlx
いろいろ思い出してやっと書き終えたんだが
コピペして良いかな?長いからイヤッ!という方もいますし…
どでつか?

これからコピペするけど…
おいら書きながら思い出してかなり鬱になったっす…
危なくホロリしそうになりますた。このスレがカウンセラーでつよ
話せば楽になるとは本当のことかも…

ちょっと前スレと重なるところあるからよろすく
★★★前スレ参照、又は誰かが貼ってくれたコピペ祭り15?参照(感謝m(_ _)m)
万が一見つからなければ貼りますが…どないしましょ?


盛岡の一件がおわり、あの件からは1年近くが過ぎ様としていた。相変わらず盛岡へは月に
一度の出張は続けていたが、そんな折こんなおいらにも好きな人が出来た。盛岡の一件で
ある程度自分の変態性に目覚めてしまったおいらだが、戻そうと努力はしていた。しかし
一度目覚めたものを再び鎮めるのは至難の技であり、好きな人が出来ても再び寝取られ
のではないか?との不安は絶えず頭の中に渦巻いていた。そしてそれがある種の快感を
もたらす事が自分の物にもそして頭にも刻まれてしまっていた。再び目の前で寝取られ
た時、何が残り、何を失うのか、今でもおいらには解らない。


[ 2013/06/12 18:22 ] 寝取られ話(PINK) | TB(0) | CM(0)

彼女と週末に会う約束をしていた 

912 名前: えっちな21禁さん 投稿日: 03/06/12 09:06 ID:4dHUUezf
普段早苗は女友達と同居しているがその日は友達が(週末)実家に帰る予定なのを
聞いてて会う予定でいたので僕は近くのファ-ストフ-ドで彼女からの
連絡を待っていた。
夜の11時頃、今日は友達が帰らなかったのでダメとの連絡があり帰り支度をして
駅に向かって歩いてたら前から、見覚えの有る声(早苗)と1人の男が歩いて来た。
急いで姿を隠し後を付けた2人はやがて家に向い入っていった。
外から家を確認すると友達の部屋には電気は付いてなく、僕は早苗に電話してみたが
応答がない、家の玄関に廻ると鍵がかかっていないので、用心しながらドアを開け
家に侵入した。


[ 2013/03/03 17:53 ] 寝取られ話(PINK) | TB(0) | CM(0)








出会い系
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。